儚きもの。故に惹かれるのか
b0018091_2391831.jpg夢の中のまっすぐな道/aiko
発売日:'05 3月2日 価格:¥3059 発売元:ポニーキャニオン


春・夏・秋・冬と四部作アルバムを完成させたaiko。
ファンなら、この6枚目となるアルバムの題名は気になったはずだ。
そこで、来たのが「夢の中のまっすぐな道」
aikoは大人になったんだと思う。最近物凄い綺麗になってる感じがする。大人な綺麗だ。
aikoは、今回も痛いぐらいに恋をしてるし、恋の辛さも恋の嬉しさも知ってるんだと思う。
aikoらしい、切なく情景が浮かぶ歌詞。気持ちよいファルセット。そしてメロディー。
もうコレは職人芸でしょう。分類「aiko」
初の試みとなる男性歌詞の「青い光」から始まるこの作品。
私的に今まで以上にスルメソング。聞くたび良いなーと思う。
[PR]
by shingakisama | 2005-03-06 02:45 | 音楽話
<< 16ビートの冬 懐かしい駅、懐かしい味、懐かし... >>