STAND BY ME/GOING UNDER GROUND
b0018091_0161081.jpgSTAND BY ME/GOING UNDER GROUND
発売日:’05 5月18日 価格:¥1050 発売元:ビクターエンタテインメント


素生君の歌詞の良いところは、『甘酸っぱい』というのもあるんですが懐かしい風景が浮かぶって言うのもあるんです。誰にでもある故郷のようないつでも暖かくて懐かしい風景が。
だけど、最近の素生君の歌詞から浮かぶのは、まさしく『松本素生』という主人公なんです。

この「STAND BY ME」という曲。少年だった頃から、少年と大人の間の青年に成長したということが分かる曲になってます。大人になるためにはもう無垢ではいられなくなる。いくつも捨てなければならないものが増てく。でも、それは嫌だ。それに抗おうとする一生懸命で物凄い真っ直ぐな歌詞です。だから胸にキュンとくるし泣けるんだろうなぁー。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 00:32 | 音楽話
<< 無罪モラトリアム/椎名林檎 午前3時の風景画 >>