乙女心を供給
いや、別に乙女じゃないから供給しなくても良いんだけど(笑)
乙女心の代弁者=aikoの中で特に思い入れの深い5曲選んでおきました。

b0018091_1384060.jpg3rd Al 秋 そばにいるよ11曲目「それだけ」

aikoにはまるきっかけをくれた曲です。父が2時間ドラマとかミステリーが好きで良く見てた(見てる?)のが「科捜研の女」自分も好きなんですけどそれの主題歌になったのが「それだけ」なんです。まだ、シングルをレンタルして満足してたのでてっきりコレも出るもんだと思ってたので待ってました(笑)いつになってもシングルで無いので調べたらアルバム曲だと。それで「秋 そば」借りて。みたいな。

b0018091_1415986.jpg17th Sg 三国駅c/w「ハチミツ」

一番aikoを「凄い!」と思った曲。機会があってインディーズVerを三国駅がでる結構前に聞いたんですが歌詞が物凄い良い。言葉の選び方が素敵過ぎるなぁ~と思いました。
「冷たい掌から この灯ともしたら ずっといつまでも消えないでいて」
「あったかい部屋の中で あたし驚いたのは そんな素敵な顔をするから」
恋を「苦いハチミツ」で表現するなんてmarvelousで御座いますなぁ。aiko自身も余りハチミツは得意じゃないそうです。

b0018091_1471733.jpg13th sg アンドロメダc/w「どろぼう」

ここからは特に思い入れが強いです。
aikoに珍しく片思いな曲なんですが何せ切ない。と言うかある時期の自分の心情に思いっきりダブるんですよね~。今でもあの子を見かけるたびに自然と流れてくるのですよ
「不思議なものですね あたしは欲が出てきたみたい」「あなたはどろぼう」

b0018091_1524115.jpg4th Al 暁のラブレター12曲目「風招き」

自分が一番病んでいたであろう時期に一番聞いていたアルバム「暁のラブレター」其の中でも特にすきなのがこの「風招き(かぜおき)」。「だから涙が止まらないのね」というフレーズが其のときの自分にどっしり来たんですねぇ~。「暁のラブレター」は勿論良いアルバムなんですけど、良い悪いに関係なく一番好きな、思い入れのあるアルバムです。後世に息子に残してあげたいアルバムです(笑)

b0018091_15930100.jpg11th Sg 今度までにはc/w「愛の世界」

これはね地味な曲だと思いますよ(笑)私的にコレが一番スルメソングだと思います。
コレも片思いな曲かな?だからだと思います(笑)<思い入れが深い

なんか、aikoのこの曲が好き!ってどんな恋愛してるか分かってしまうね(笑)
[PR]
by shingakisama | 2005-11-05 02:03 | 音楽話
<< FAB FOX/フジファブリック ファッションバトン >>