カテゴリ:音楽話( 79 )
初花凛々/SINGER SONGER
b0018091_9434836.jpg初花凛々/SINGER SONGER
発売日:’05 5月25日 価格:¥1100(DVD付)1000(通常盤) 発売元:ビクターエンタテインメント


Coccoの久しぶりのCD。其の前にもゴミゼロ大作戦の「Heaven's hell」や絵本。絵本購入者が買える「ガーネット / セレストブルー」The Bird名義でのCDと色々とメディアには出てたのですがこういう風にちゃんとした(と言う表現もおかしいけど)CDと言うのは久しぶりだったので聴いたときはとても嬉しかった。
聴いて最初に思ったことはCoccoがとても嬉しそうで、楽しそうと言うことです。
でも、そういうことだと思います。
歌が好きだから、歌を商売にすることを止めてしまったCocco。
でも、このメンバーとなら。と思ったんじゃないのかな~。
それくらいに本当に楽しそう。心から。
[PR]
by shingakisama | 2005-07-03 10:22 | 音楽話
虹/フジファブリック
b0018091_9161628.jpg虹/フジファブリック
発売日:'05 6月1日 価格:¥1050 発売元:東芝EMI

確か、前にも書いたと思うんですが、フジファブリックはアルバム出す前と後じゃー印象が全く違うんです。
春・夏・秋盤では、どちらかというと気の弱い弱い青年の過ぎてしまった事に対する後悔と言うか、そんな歌が多かった。
「作り話に花を咲かせ 僕は読み返しては 感動している!」 - 桜の季節
「きっと今では無くなったものもたくさんあるだろう
きっとそれでもあの人は変わらず過ごしているだろう」 - 陽炎
「もしも過ぎ去りしあなたに 全て叶えられるのならば
それは叶えられないとしても 心の中準備をしていた」 - 赤黄色の金木犀

でも、「虹」では不安とかもあるんだけどそれでも前に進もうという意思が見られます。
「遠く彼方へ鳴らしてみたい 響け!世界が揺れる!」
志村君からこんな言葉が出るだなんて(笑)
とにかく踊れる!そんな曲です。
[PR]
by shingakisama | 2005-07-03 09:36 | 音楽話
MUSICAL BATON
~スコシフシギ(SF)な日々~のYLOさんからMUSICAL BATONが回ってきました♪ちょっと嬉。
どうでも、いいけどずっと「BATON」を「ボタン」と思ってた(ホントに如何でも良いな)

「音楽に関するいくつかの質問が『バトン』として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す」という海外からの企画みたいです。元ネタサイトはコチラ(※英語です)
では、早速。

1、Total volume of music files on my computer
  コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

A.どれ位なのかなぁ~・・・。
  10GBちょっと位です。半分以上がスカパラとGOINGです。

2、Song playing right now
  今聞いている曲

A.今聞いてませんが後ろでは二時間ドラマが流れてます(笑)
  最近良く聞いてるのは・・・。無い(笑)1アーティストを聞くって事最近ないなぁ。
  今パッと思いついたのが、SUPER BUTTER DOG「嫌な磁場」

3、The last CD I bought
  最後に買ったCD

A.
NUMBER GIRLの記録シリーズです。


来月には、バタ犬。ZAZEN BOYS。東京事変と待ち構えております。はい。

4、Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

A.
b0018091_231988.jpg「勝訴ストリップ」より12曲目
本能/椎名林檎

椎名林檎を知るきっかけになった作品。林檎さん確かこのとき21なんだよねぇ。凄い。

b0018091_2343730.jpg「FULL-TENSION BEATERS」より4曲目
Skarada Dub/東京スカパラダイスオーケストラ

スカパラをもっと好きになった一枚「FULL-TENSION BEATERS」それの中で一番好きなのが「Skarada Dub」なんですよ。っていうかスカパラのああいう曲大好きだ!!(「Lover's walk」とか「TWILIGHT SLIDER」とか)ピアニカが格好良すぎ。

b0018091_23113149.jpg「ハートビート」より1曲目
トワイライト/GOING UNDER GROUND

ゴーイングをあの子の口から出たので(笑)気になって借りた「ハートビート」これの一曲目からやられてしまいました。泣けるテンポじゃないのに、泣ける。歌詞が、メロディーが。ドップリとはまっていきました。

b0018091_23185117.jpg「暁のラブレター」より12曲目
風招き/aiko

自分が多分一番病んでたと思われる時期(笑)によく聞いてた。
中でも風招きが一番私的に泣き曲です。歌詞が二番目に好き(二番目w)

b0018091_23393120.jpg「NUM-HEAVYMETALIC」より7曲目
MANGASICK/NUMBER GIRL

テレビで「USODARAKE」のPVを見てZAZEN BOYSが欲しくなり、買いに行ったときに偶然コレを発見して「ついでに買おう♪」くらいの勢いで買ったんだけど、こっちの方をヘビロテしてしまいました(笑)其の中で一番好きな「MANGASICK」ナンバガの中でも一番このアルバムをヘビロテしてます。

5、Five people to whom I'm passing the baton
  バトンを渡す5人

5人かぁ・・・。
・「音、聴く、観る、読む、踊る。」 - Cozyさん
・「Unevenly Rhythm ~不安定なリズム」 - YUKKIさん
・「本音風船」 - Booさん
・「ハッチャケ日和」 - コウさん
・「ms style」 - 棗ちゃん

勿論バトンを渡さなくてもOKですから。5曲選ぶのは難しい。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-25 00:15 | 音楽話
OMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ~/NUMBER GIRL
b0018091_21512225.jpgOMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ 1~/NUMBER GIRL
発売日:'05 6月22日 価格:¥4200 発売元:東芝EMI


b0018091_21561718.jpgOMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ 2~/NUMBER GIRL
発売日:'05 6月22日 価格:¥4200 発売元:東芝EMI



はっきり言ってコレでSINGER SONGER諦めたからね(笑)
ナンバーガール結成10周年目にあたる2005年に膨大な映像・音源をコンパイルするために始まったomoide in my head project。二弾目の今回はナンバーガールにとって核となっていたであろうライブを収めたライブ盤。上京前のライブからNUM-HEAVYMETALLICツアーの模様を収めた記録シリーズまでもうお腹一杯ですよ。1枚目287分39秒。2枚目228分38秒。合計516分17秒+DVDが二枚ですよ。アルバムに入ってない曲。ベストに入ってない曲などもあって至極嬉しい。ただ、難を言えば物凄くライブに行きたくなる位ですか(笑)いや、ナンバガ解散したとき中学生だったしなぁ。向井さんのMC(つーかいろんな人に捧げてるな)に、アヒト君の超人ドラムに、チャコちゃんの変態プレイに、中尾さんのヘッドバンギングに(見られないけど)酔いしれなさい。
(見れば見るほど向井君倫理の先生似てるんだよなぁ)

コチラからはDVD
[PR]
by shingakisama | 2005-06-23 22:38 | 音楽話
加爾基 精液 栗ノ花/椎名林檎
b0018091_395648.jpg
加爾基 精液 栗ノ花/椎名林檎
発売日:’03年 2月23日 価格:¥3059 発売元:東芝EMI


ちょっと今更ながら椎名林檎レビュー特集~其の伍~


オリジナルアルバムとしては約3年ぶりとちょっと長いスパンからのこの作品。
先ずは楽曲の丁寧さ。
それまでの林檎さんの曲というのは一発撮りというのが多かった。しかし、この作品では一音一音が丁寧に構築されており、とても綺麗なのだ。それに、尺八やシタールなどの民族楽器、ストリングス、パイプオルガンなども全て生演奏。兎に角スケールがでかく一気に包み込まれてしまう感じだ。
このアルバムを象徴する「茎」という曲にこんな歌詞がある

『哭いたり惑つたり致しませぬ 立つたら弐度と倒れないから 』

今までの『椎名林檎』というイメージを受け止めつつも、それを壊し。ちゃんと歩いていく。そんなような覚悟を感じるような歌詞だ。
総演奏時間:44分44秒 6曲目「茎」を中心に題名がシンメトリーになっており、対になった楽曲の演奏メンバーを揃えるなど徹底している。
明らかに他のアルバムとは一線を画く作品である。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 03:31 | 音楽話
唄ひ手冥利~其ノ壱~/椎名林檎
b0018091_2515981.jpg唄ひ手冥利~其ノ壱~/椎名林檎
発売日:’02年 5月27日 価格:¥3600 発売元:東芝EMI


ちょっと今更ながら椎名林檎レビュー特集~其の四~

次に出る「加爾基~」への完全復活の前のワンクッションとして置かれたこの作品。
ギター中心のアレンジで、今までの林檎さんを振り返るような亀田誠治プロデュース「亀pact disc」。ピアノ中心のアレンジで、実験的な意味合いを込めたような森俊之(真夜中は純潔3曲目「愛妻家の朝食」でのアレンジ担当)プロデュース「森pact disc」。
「亀pact」「森pact」と対比させておりファンとしてはニヤリとした人も多いのでは?
コラボミュージシャンも、草野マサムネ、松崎ナオ、宇多田ヒカル、そして、実際の兄の椎名純平とまさに豪華である。
収録曲は、歌謡曲、ロック、シャンソンやドイツ語の曲など彼女の音楽性の広さを感じさせる選曲である。
『唄ひ手冥利』
まさに題名通り唄ひ手に徹し、とても楽しそうである。
(私的に~其ノ壱~が気になったんですが(笑))
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 03:06 | 音楽話
真夜中は純潔/椎名林檎
b0018091_234082.jpg真夜中は純潔/椎名林檎
発売日:’01 3月28日 価格:¥1200 発売元:東芝EMI


ちょっと今更ながら椎名林檎レビュー特集~其の参~

妊娠。という嬉しいニュースが飛び込んできた2001年。其の年に発売された唯一の作品。
デビュー以来パートナーだった敏腕プロデューサー亀田誠治とは敢えて組まず、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボレート。ギターとピアノの裏打ちと爽快なホーン隊とがなんとも言えず心地よい。
歌詞はと言うとなんだか今までの中で一番『林檎』らしい。周りの『林檎』というイメージにのってそのキャラクターを上手く演じてる。そんな気がしてならない。
亀田誠治以外の人と組んで林檎さんの新しい魅力が引き出されたこの作品。
私的にこのシングル(カップリングも合わせ)が一番作品としてまとまってると思うし、こんな作品も一杯聞いてみたかったなぁ。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 02:48 | 音楽話
勝訴ストリップ/椎名林檎
b0018091_15412.jpg勝訴ストリップ/椎名林檎
発売日:’00 3月31日 価格:¥3059 発売元:東芝EMI


ちょっと今更ながら椎名林檎レビュー特集~其の弐~

一世を風靡した。そんな作品である。
200万枚以上売り上げたこの作品。
しかし、しかしである。この当時ストレスだらけだという彼女の気持ちを投影したかのように、全体的にブラックである。
最初から最後までノイズだらけだし、後ろ向きでネガティブな歌詞だらけである。
この勝訴が売れまくったのも、彼女の極上のソングライティングセンスに因るものだろう。
巻き舌、本能の看護婦のコスプレなどの彼女のイメージ(のちに林檎自身が拒否反応を起こしてしまう)がくしくも付いてしまったアルバムとも言える。
総演奏時間55分55秒、7曲目の「罪と罰」を中心として曲名がシンメトになるなど。シンメトもこのアルバムが最初である。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 02:24 | 音楽話
無罪モラトリアム/椎名林檎
b0018091_1155663.jpg無罪モラトリアム/椎名林檎
発売日:’99 2月24日 価格:¥3059 発売元:東芝EMI


ちょっと今更ながら椎名林檎レビュー特集~其の壱~

1stアルバム「無罪モラトリアム」
林檎曰く「10代の私の集大成」というこのアルバム。
そう、全ての楽曲が10代の時に作られたのである。
林檎さんの才能には驚きを隠せない。
敏腕プロデューサー亀田誠治との名パートナーのサポートもあり、ロックでありながら林檎さんのポップセンスがフルに引き出されている。
発売当初は50万枚、1年後にまた50万枚売ったというまさにモンスター作品である。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 01:48 | 音楽話
STAND BY ME/GOING UNDER GROUND
b0018091_0161081.jpgSTAND BY ME/GOING UNDER GROUND
発売日:’05 5月18日 価格:¥1050 発売元:ビクターエンタテインメント


素生君の歌詞の良いところは、『甘酸っぱい』というのもあるんですが懐かしい風景が浮かぶって言うのもあるんです。誰にでもある故郷のようないつでも暖かくて懐かしい風景が。
だけど、最近の素生君の歌詞から浮かぶのは、まさしく『松本素生』という主人公なんです。

この「STAND BY ME」という曲。少年だった頃から、少年と大人の間の青年に成長したということが分かる曲になってます。大人になるためにはもう無垢ではいられなくなる。いくつも捨てなければならないものが増てく。でも、それは嫌だ。それに抗おうとする一生懸命で物凄い真っ直ぐな歌詞です。だから胸にキュンとくるし泣けるんだろうなぁー。
[PR]
by shingakisama | 2005-06-12 00:32 | 音楽話