<   2004年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
あなたに捧げる あなただけのメロディー
b0018091_3474921.jpg東京スカパラダイスーケストラ ― 戦場に捧げるメロディー
発売日:’99 11月 17日 価格:¥1223 販売元:avex distribution

東京スカパラダイスオーケストラ。と言うのは今まで二人の”戦友”を亡くしている。
「クリーンヘッド・ギムラ」氏そして「青木達之」氏。
この「戦場に捧げるメロディー」は青木達之氏に捧げられた曲なのです。
切ない曲ではないんです。でも涙が零れそうになってくる。
メンバー全員で歌っているのですが。本当に「捧げる」為に歌っている感じ。心置きなく送ってやろうと。
この時はスカパラが一番少ない時期です(茂木さんとか加藤さんとかサポートメンバーで入ってて一応今のスカパラと同じなのですが)
青木さん「SKA EVANGELISTS ON THE RUN TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA 1998>>1999」の撮影の途中で亡くなられてしまうんですが、それがもの凄い衝撃的でした。冗談を云っている青木氏の映像などが入ってるんです。でも、もう居ない。青木氏がいる「スカパラ」をリアルタイムで体験したことは無かったのですが、スカパラにとっての「青木達之」の存在をとても感じました。
[PR]
by shingakisama | 2004-12-30 04:04 | 音楽話
酔ったっていいじゃないか
b0018091_3323281.jpg人生に乾杯を! ― コーヒーカラー
発売日:’04 10月 21日 価格:¥1200 販売元:日本クラウン

全国のFM/AM、有線での問い合わせが殺到したこの作品。
耳から離れない覚えやすくキャッチーなメロディー。胸にグッっと来る歌詞。
なんと言っても歌詞の良さが凄く良い。
旅立つあなたへの君への手向けの言葉。
人生を色々経験したからこそ出せるであろう労いの言葉。
この歌には人生が詰まっています。
是非聴いてみてください。絶対に「♪乾杯しよう~」が頭から離れないはずです。
コチラにて視聴できます。是非是非。
[PR]
by shingakisama | 2004-12-30 03:46 | 音楽話
僕達出会ってしまったのだから
b0018091_20385230.jpg
GOING UNDER GROUND-同じ月を見てた
発売日:’04 12月 08日 価格:¥1,050 販売元:ビクターエンタテインメント

何だろう。GOING~の曲の中で一番グッっと来る。
それは多分素生君が初めて一番近くに居る人の事を書いたからでしょう。

『出会ってくれてありがとう 君に出会えてよかった』 

矢張りこの言葉は、想像では絶対出てこない言葉でしょう。
その人の暗い部分や明るい部分。闇の部分や光の部分、そういうの全部ひっくるめて『君に出会えてよかった』と出てくる幸せ。いつだって同じ月を見ている幸せ。
そういうもうなんかのろけソングですよ(笑)
是非是非必聴で御座います。

あと、音楽と人(1月号)はお薦めです。
素生君の赤裸々な恋愛話が読めます(笑)

そんな「GOING UNDER GROUND」来年1月にアルバムが出ます!
マストアイテムになること間違え無し。
[PR]
by shingakisama | 2004-12-12 20:58
僕たちは、恋をして呼吸する。
b0018091_21184657.jpg
GOING UNDER GROUND-かよわきエナジー
発売日:’01 10月 24日 価格:¥3,045 販売元:ビクターエンタテインメント

GOING UNDER GROUNDは三倍「楽しめる/泣かせる」ことが出来るバンドである。
・歌詞で「楽しむ/泣かせる」
・曲で「楽しむ/泣かせる」
・素生君の声で「楽しむ/泣かせる」
素敵なバンドなのです。
そんなGOING UNDER GROUNDのメジャーデビューアルバムがこの「かよわきエナジー」であります。
疾走感溢れる「グラフティー」。途中に入るカウントリーロードに一本取られる「かよわきエナジー~Take Me Home,Country Roads」
最初から最後まで聞いて捨て曲が一切ないし、インスト曲・テンションの上げれる曲・お得意の切ない曲まで。是非聞いて欲しい一枚なのです。
[PR]
by shingakisama | 2004-12-05 21:28 | 音楽話
ヒィ君すげぇ
b0018091_21131554.jpg
東京事変-教育
発売日:’04 11月25日 価格¥3,059 発売元:東芝EMI

椎名林檎のバンド:東京事変 のデビューアルバムとなるこの作品。
うーん、流石の完成度。新人さんと思えないよね(笑)
内容はどこぞやの取材で林檎さんが仰っていた
「やりっぱなしの音楽」「おもちゃ箱をひっくり返したようなアルバム」
アルバム全体を通しても統一感が無い。良い意味でね。
その分楽しそうだし、色んな音楽が聞ける。
あと、面白いなぁと思ったのは、曲が進んでいくうちの、曲・詞が柔らかくなってる感じ。
前半は「入水願い」とか「クロール」とかズドーンと重い感じの曲が多いんだけど。
後半になると「御祭り騒ぎ」「母国情緒」「夢のあと」よ柔らかく可愛らしい感じの曲が多い・・・気がする(笑)
子供に聞かせるならこっちだよね。
兎に角、このアルバムは凄い格好良いし、買いですよって事で(笑)

あと、ヒィ君すげぇ。
「群青日和」みたいなメジャー感溢れる曲も作れるし。
「現実に於て」みたいなしっとりな曲も作れるし。
「サービス」みたいな良い意味で変態な曲も作れる。
あ、あと師匠も曲書こうとしたけど間に合わなかったんだって(笑)
[PR]
by shingakisama | 2004-12-05 21:12 | 音楽話