僕らの音楽
b0018091_2365256.gifCX系「僕らの音楽2」より

地上波で向井さん。深夜枠とはいえ11:30で結構早い時間だなぁ~と。
えー、もーそんなー(照)←何
コレで「格好良い」って人が増えたのか「え、何この人?」って人が増えたのかは分からないですけど、前者が増えたことを祈ってます。はい。でも、最初の一言が「あんた美人やね」って向井さん(笑)
歌の方なのですが「KIMOCHI」凄かったね。林檎さんの歌唱力が凄かった。普通に「歌上手いなぁ~」と感嘆してしまいました。二人の感じも中々だったしね。
「自問自答」友達の父親がコレみて言ったのは「よく覚えられたな」だそうで。でも、確かに凄い歌詞を詰め込んだと言うか、凄い情報量よねん。安藤裕子(NOT優子)曰く「聴いてたら,全部の言葉の端々が聞き取れているはずはないんですけれど、何かすごいもの寂しい気持ちになるっていうか。たぶん、言葉として残像で一個一個聞こえる単語がたぶん寂しいからだと思う」
向井さんの歌は寂しくなる。なんか孤独感を感じるんだよね、向井さんの歌詞って。

向井秀徳32歳。今日もまた冷凍都市の空虚さを歌う。
[PR]
# by shingakisama | 2005-07-11 23:25 | 音楽話
新しい100年後
自分に才能を感じました(死)

だってーーー、良い曲だったんだもーん。
CDデビュー!?( *′∀`)(無いな)
[PR]
# by shingakisama | 2005-07-10 01:07 | 音楽話
Bring 'em in/MANDO DIAO
b0018091_142527.jpgBring 'em in/MANDO DIAO
発売日:’03 6月18日 価格:¥2548 発売元:東芝EMI

みゅーじかるばとん。やってて最後まで迷ったんだよねー、MANDO。
スウェーデン出身5人組ロック・バンド「MANDO DIAO」最初聞いたとき全然覚えられなかった(笑)ある方から薦められて聞いたんだけど一曲目の「sheepdog」の「イェイェイェー♪」でやられてました。格好良すぎでしょう。ええ。ヴォーカルが二人居まして。攻撃的なグスタフとソウルフルなビヨルン。コレがまたどっちも格好良い。パンクな初期衝動とポップが上手く融合されてる感じ。
何故コレを挙げようか迷ったかと言うと、初めて聞き込んだ洋楽なんですよ。MANDOは。コレのお陰でかなり音楽の幅も広がった。はず。あの子に感謝や。
(久しぶりに聞いてみようと思いました。)
[PR]
# by shingakisama | 2005-07-06 01:14 | 音楽話
TSUTAYAからの借り物
もう3回目!恒例「誰も知りたくないTSUTAYAで借りたCDリスト」

b0018091_02834.jpg初花凜々/SINGER SONGER

やっとで最近借りましたよ。ホント楽しそうだなぁ・・・。
SINGER SONGER生で観たい!!

b0018091_055340.jpg虹/フジファブリック

このPVの志村君きつそう。ってか七三分けて(笑)明るくていい感じ

b0018091_082510.jpg
街風/音速ライン

スワローの時も思ったけどこんな転調大好き。声が好き嫌い結構別れそう

b0018091_094945.jpgきのうのこと/LOST IN TIME

海北君の声はものすごい好きです。絞りだすような切ない声。所謂文系ロック

b0018091_0133188.jpg地図/LUNKHEAD

全く借りる気無かったですが、店頭で「白い声」が流れてて一目(聴?)惚れしてしまって借りました。いろいろな事にちゃんと向き合っている力強い歌詞。

b0018091_0164975.jpgTITLE/ストレイテナー

スペシャの方で「THE REMAINS」のPVを観て「格好いい!」と思い借りました。で、それが入ってると思ってたんですが、入ってませんでした。9曲目の「REMINDER」と勘違いしてて、気づいたの昨日です(笑)でも、「REMINDER」もとても良い曲。「THE REMAINS」の方も近いうち借りに行きます。

あと、私的な事ですが、新嘉喜(shingaki)さん私的サイト「蝉時雨」と日常「プライベイト(日記)」の方をリンクしました。♪お暇なら~見てよね~
日曜日の訪問者数がいつもの倍なんですけど(笑)なんでだろ?
[PR]
# by shingakisama | 2005-07-05 00:22 | 音楽話
初花凛々/SINGER SONGER
b0018091_9434836.jpg初花凛々/SINGER SONGER
発売日:’05 5月25日 価格:¥1100(DVD付)1000(通常盤) 発売元:ビクターエンタテインメント


Coccoの久しぶりのCD。其の前にもゴミゼロ大作戦の「Heaven's hell」や絵本。絵本購入者が買える「ガーネット / セレストブルー」The Bird名義でのCDと色々とメディアには出てたのですがこういう風にちゃんとした(と言う表現もおかしいけど)CDと言うのは久しぶりだったので聴いたときはとても嬉しかった。
聴いて最初に思ったことはCoccoがとても嬉しそうで、楽しそうと言うことです。
でも、そういうことだと思います。
歌が好きだから、歌を商売にすることを止めてしまったCocco。
でも、このメンバーとなら。と思ったんじゃないのかな~。
それくらいに本当に楽しそう。心から。
[PR]
# by shingakisama | 2005-07-03 10:22 | 音楽話
虹/フジファブリック
b0018091_9161628.jpg虹/フジファブリック
発売日:'05 6月1日 価格:¥1050 発売元:東芝EMI

確か、前にも書いたと思うんですが、フジファブリックはアルバム出す前と後じゃー印象が全く違うんです。
春・夏・秋盤では、どちらかというと気の弱い弱い青年の過ぎてしまった事に対する後悔と言うか、そんな歌が多かった。
「作り話に花を咲かせ 僕は読み返しては 感動している!」 - 桜の季節
「きっと今では無くなったものもたくさんあるだろう
きっとそれでもあの人は変わらず過ごしているだろう」 - 陽炎
「もしも過ぎ去りしあなたに 全て叶えられるのならば
それは叶えられないとしても 心の中準備をしていた」 - 赤黄色の金木犀

でも、「虹」では不安とかもあるんだけどそれでも前に進もうという意思が見られます。
「遠く彼方へ鳴らしてみたい 響け!世界が揺れる!」
志村君からこんな言葉が出るだなんて(笑)
とにかく踊れる!そんな曲です。
[PR]
# by shingakisama | 2005-07-03 09:36 | 音楽話
Love Like Rock Vo.9@沖縄コンベンション劇場 - aiko
さて、初来沖となるaikoさん。
いやー、遠い上にaikoちっちゃーい!!(笑)
でも、遠くからでもaikoの可愛らしさが伝わってきましたよ(笑)
ライブだから、ツアーT着たいなぁと思ってハナレグミのTシャツ着ていきました(何故)
ライブ会場はLLP ⅨツアーT来てる人もいたし、LLR、LLPⅥとか結構色々見れて嬉しかった。

7:15分開演。気づいたら終わったのが9:50分
2時間40分喋りに歌に凄かったです!
先ず驚いたのはaikoのサービス精神にビックリしました。
おじぎがとても多かったし掛け声への返しも多かったし、何よりMCがとても多かったです(笑)
そして、話し方がおばちゃんっぽい!(笑)
まだまだライブ経験は全然無い自分ですが、あんなに楽しいライブ初めてだ!
客の煽り方、緩急のつけ方全てが良い!MCが良い!
あと、LLP add.の隠し映像全部行ってくれたので見れました(笑)
aikoを楽しむならライブです。はい。
つられてグッズ・DVD1万2千円買っちまったよ(笑)

7/1追記。

セットリストはコチラ
[PR]
# by shingakisama | 2005-06-30 00:45 | ライブレポ
MUSICAL BATON
~スコシフシギ(SF)な日々~のYLOさんからMUSICAL BATONが回ってきました♪ちょっと嬉。
どうでも、いいけどずっと「BATON」を「ボタン」と思ってた(ホントに如何でも良いな)

「音楽に関するいくつかの質問が『バトン』として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す」という海外からの企画みたいです。元ネタサイトはコチラ(※英語です)
では、早速。

1、Total volume of music files on my computer
  コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

A.どれ位なのかなぁ~・・・。
  10GBちょっと位です。半分以上がスカパラとGOINGです。

2、Song playing right now
  今聞いている曲

A.今聞いてませんが後ろでは二時間ドラマが流れてます(笑)
  最近良く聞いてるのは・・・。無い(笑)1アーティストを聞くって事最近ないなぁ。
  今パッと思いついたのが、SUPER BUTTER DOG「嫌な磁場」

3、The last CD I bought
  最後に買ったCD

A.
NUMBER GIRLの記録シリーズです。


来月には、バタ犬。ZAZEN BOYS。東京事変と待ち構えております。はい。

4、Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

A.
b0018091_231988.jpg「勝訴ストリップ」より12曲目
本能/椎名林檎

椎名林檎を知るきっかけになった作品。林檎さん確かこのとき21なんだよねぇ。凄い。

b0018091_2343730.jpg「FULL-TENSION BEATERS」より4曲目
Skarada Dub/東京スカパラダイスオーケストラ

スカパラをもっと好きになった一枚「FULL-TENSION BEATERS」それの中で一番好きなのが「Skarada Dub」なんですよ。っていうかスカパラのああいう曲大好きだ!!(「Lover's walk」とか「TWILIGHT SLIDER」とか)ピアニカが格好良すぎ。

b0018091_23113149.jpg「ハートビート」より1曲目
トワイライト/GOING UNDER GROUND

ゴーイングをあの子の口から出たので(笑)気になって借りた「ハートビート」これの一曲目からやられてしまいました。泣けるテンポじゃないのに、泣ける。歌詞が、メロディーが。ドップリとはまっていきました。

b0018091_23185117.jpg「暁のラブレター」より12曲目
風招き/aiko

自分が多分一番病んでたと思われる時期(笑)によく聞いてた。
中でも風招きが一番私的に泣き曲です。歌詞が二番目に好き(二番目w)

b0018091_23393120.jpg「NUM-HEAVYMETALIC」より7曲目
MANGASICK/NUMBER GIRL

テレビで「USODARAKE」のPVを見てZAZEN BOYSが欲しくなり、買いに行ったときに偶然コレを発見して「ついでに買おう♪」くらいの勢いで買ったんだけど、こっちの方をヘビロテしてしまいました(笑)其の中で一番好きな「MANGASICK」ナンバガの中でも一番このアルバムをヘビロテしてます。

5、Five people to whom I'm passing the baton
  バトンを渡す5人

5人かぁ・・・。
・「音、聴く、観る、読む、踊る。」 - Cozyさん
・「Unevenly Rhythm ~不安定なリズム」 - YUKKIさん
・「本音風船」 - Booさん
・「ハッチャケ日和」 - コウさん
・「ms style」 - 棗ちゃん

勿論バトンを渡さなくてもOKですから。5曲選ぶのは難しい。
[PR]
# by shingakisama | 2005-06-25 00:15 | 音楽話
OMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ~/NUMBER GIRL
b0018091_21512225.jpgOMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ 1~/NUMBER GIRL
発売日:'05 6月22日 価格:¥4200 発売元:東芝EMI


b0018091_21561718.jpgOMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ 2~/NUMBER GIRL
発売日:'05 6月22日 価格:¥4200 発売元:東芝EMI



はっきり言ってコレでSINGER SONGER諦めたからね(笑)
ナンバーガール結成10周年目にあたる2005年に膨大な映像・音源をコンパイルするために始まったomoide in my head project。二弾目の今回はナンバーガールにとって核となっていたであろうライブを収めたライブ盤。上京前のライブからNUM-HEAVYMETALLICツアーの模様を収めた記録シリーズまでもうお腹一杯ですよ。1枚目287分39秒。2枚目228分38秒。合計516分17秒+DVDが二枚ですよ。アルバムに入ってない曲。ベストに入ってない曲などもあって至極嬉しい。ただ、難を言えば物凄くライブに行きたくなる位ですか(笑)いや、ナンバガ解散したとき中学生だったしなぁ。向井さんのMC(つーかいろんな人に捧げてるな)に、アヒト君の超人ドラムに、チャコちゃんの変態プレイに、中尾さんのヘッドバンギングに(見られないけど)酔いしれなさい。
(見れば見るほど向井君倫理の先生似てるんだよなぁ)

コチラからはDVD
[PR]
# by shingakisama | 2005-06-23 22:38 | 音楽話
加爾基 精液 栗ノ花/椎名林檎
b0018091_395648.jpg
加爾基 精液 栗ノ花/椎名林檎
発売日:’03年 2月23日 価格:¥3059 発売元:東芝EMI


ちょっと今更ながら椎名林檎レビュー特集~其の伍~


オリジナルアルバムとしては約3年ぶりとちょっと長いスパンからのこの作品。
先ずは楽曲の丁寧さ。
それまでの林檎さんの曲というのは一発撮りというのが多かった。しかし、この作品では一音一音が丁寧に構築されており、とても綺麗なのだ。それに、尺八やシタールなどの民族楽器、ストリングス、パイプオルガンなども全て生演奏。兎に角スケールがでかく一気に包み込まれてしまう感じだ。
このアルバムを象徴する「茎」という曲にこんな歌詞がある

『哭いたり惑つたり致しませぬ 立つたら弐度と倒れないから 』

今までの『椎名林檎』というイメージを受け止めつつも、それを壊し。ちゃんと歩いていく。そんなような覚悟を感じるような歌詞だ。
総演奏時間:44分44秒 6曲目「茎」を中心に題名がシンメトリーになっており、対になった楽曲の演奏メンバーを揃えるなど徹底している。
明らかに他のアルバムとは一線を画く作品である。
[PR]
# by shingakisama | 2005-06-12 03:31 | 音楽話